雨漏り対策

特定空き家は火災保険をつけることができない

空き家所有者必見!税金優遇措置が除外される「特定空き家」にご用心

空き家の管理を行なう際は建物の状態をなるべく良好に保ち、長い間空き家を維持できるように対処する必要があります。あまりに建物の状態が悪いと、特定空き家と認定されてさまざまなデメリットが発生してしまう危険性が高いです。

特定空き家の定義

特定空き家って何ですか?
特定空き家はそのまま放置しておくと倒壊などのトラブルを発生させる危険性が高い空き家や、衛生環境や景観の悪化を発生させている空き家のことを指します。長い間放置されて建物全体がボロボロになった空き家や、庭が荒れ放題の状態になっている空き家は特定空き家として指定される可能性が高いです。しかし、もし特定空き家に指定されてしまっても、指定されてしまった要因をきちんと改善しておけば特定空き家の指定は解除することができます。
特定空き家に指定されるとどうなるの?
特定空き家として指定されてしまうと固定資産税の軽減措置がなくなってしまい、空き家の管理にかかる費用や手間が大幅に増えてしまいます。指定されて長い期間が経過すると空き家への立ち入り調査などが実施されてしまい、行政代執行の対象となる可能性が高いです。空き家を管理する際は住宅環境が良好に保てるように対処し、特定空き家と指定されないように気を付けましょう。
また、今後は空き家の調査が頻繁に実施される可能性が高いので要注意です。

「特定空き家」に指定されてしまうかもしれない空き家の特徴

倒壊の危険性がある空き家
建物の屋根や外壁が崩れる恐れがある、壁などが老朽化している住宅は特定空き家として指定される可能性が高いです。また、現在トラブルが発生していない空き家でも、将来こうした被害を発生させる可能性がある空き家は、特定空き家と指定されることがあるので注意しましょう。建物が大きく傾いていたり、土台部分に大きなずれが生じていたりする空き家も特定空き家として指定されます。梁や柱の接合部にあるずれも指定される原因となる場合があります。
ゴミ屋敷のような空き家
住宅の敷地中にゴミが不法投棄されている空き家や、害虫や害獣が繁殖している空き家は衛生環境の悪さが原因で特定空き家と指定されてしまいます。ゴミが空き家に不法投棄されると周囲の人達が悪臭などで悪影響を受けてしまい、普段と同じ生活を行なうことができません。また、ゴミが原因でネズミやハエといった害虫が発生すると、より大きな被害を与える可能性が高いです。空き家にゴミが放置されていた場合は、早めに撤去しておきましょう。
景観を損ねる原因となっている空き家
空き家の見た目が悪い状態だと不法投棄などが頻発し、建物だけでなく周辺住民にも悪影響を与えてしまう可能性があります。そのため建物の屋根や外壁がひどく汚れていたり、立木などで住宅全体が覆われていると特定空き家と認定されてしまう可能性が高いです。また、設置されている看板が原型をとどめない程破損している場合も、空き家は特定空き家と指定されてしまいます。建物の見た目が悪いと感じた場合は、手入れを実施しましょう。

特定空き家の指定の回避方法と予防方法

特定空き家の解除方法

所有している空き家が特定空き家として指定されてしまっても、指定される原因となった場所を改善しておけば指定を解除することができます。特定空き家と指定を受けてしまうとその後に行政代執行が実施されます。そうなると、費用は全て個人で負担することになるので、特定空き家として指定を受けた場合はすぐに改善を行なうようにしましょう。迅速に施工を実施しておけば、空き家の改善や修繕にかかる費用や時間は少なくなります。

特定空き家に指定されない予防方法

特定空き家の指定を回避するには、普段から建物のメンテナンスや管理を実施しておかなければなりません。きちんとメンテナンスが行なわれていれば建物の外観は美しく保たれますし、ゴミの不法投棄なども予防することが可能です。日頃仕事などが忙しくてメンテナンスや管理を行なうことが難しい場合は、空き家巡回サービスを利用してみましょう。場合によっては保険に加入していないと利用できない場合もあるので、申し込みを行なう際は火災保険の加入も考える必要があります。

空き家のリスクヘッジ方法は何も火災保険だけじゃない?

空き家の管理に発生するリスクを最小限に抑えたい場合は、火災保険以外の対策も実施する必要があります。今後所有している空き家を活用する予定がない場合は、そのまま建物を解体や売却で処分してしまうのがベストです。

火災保険以外での空き家のリスクヘッジ手段~空き家を売却する~

空き家ならではのリスクを火災保険以外で回避することは無理なの?
空き家に火災保険をつけておけば、災害で建物が消失してしまうリスクを回避することができます。しかし特定空き家に指定された家は固定資産税が6倍になり、放火リスクが残るため管理するのはとても大変です。
固定資産税や火事などのリスクを一気に解消したい場合は、空き家を売却してしまいましょう。こうしておけば今後空き家を管理するために、資金や時間を用意する必要はありません。建物を高い金額で売ることができれば、新しい土地の購入資金として活用することが可能です。

だがしかし現実はそう甘くない…

実際問題空き家売却は難しいのが現実(不動産会社/営業担当)

空き家を売却すれば建物を管理する際に発生するリスクを簡単に解消することができます。しかし、空き家の買い手がすぐに見つかることはほとんどありません。空き家が売れないのは土地の不人気や、建物の古さが原因であることが多いです。場合によっては、建物が売却される前に空き家でトラブルが発生してしまうこともあるので注意しましょう。短期間だけ傘保険へと加入しておけば、買い手を検索する間建物をトラブルから守ることができます。

TOPボタン